コラーゲンはお肌に塗っても無意味

皮膚の下の真皮を構成している、およそ7割がコラーゲンから作られています。
コラーゲンは表皮の部分の水分を保ってくれて、肌の弾力の元となっています。
コラーゲンは皮膚だけではなく体全体の細胞と細胞を貼り付けている接着剤のような役割をしているのです。

モイスティシモ トライアル

40代にもなるとコラーゲンの量は20代の時と比べて半分ぐらいに減ってしまいます。
コラーゲンが不足してくると、体全体の肌の弾力やしっとりした感覚がなくなって関節などに痛みが出てくることもよくあります。
顔の皮膚の乾燥した状態はとてもわかりやすいので、女性の多くがコラーゲンが配合された化粧品を使いたくなるわけです。
ですがこのコラーゲン、肌に直接塗ったとしても肌の中の真皮までは届くことはありません。
コラーゲンを体に取り入れるなら食事で取ることを心がけて下さい。

モイスティシモ トライアルセット